Food Testing

食品検査分野 − 遺伝子組換え大豆品種DNA鑑定

遺伝子組換え大豆検出検査

新公定法(消費者庁令和3年9月発表)による定性検査

2023年4月から遺伝子組換え食品の任意表示が変更となります。今までの「遺伝子組換えでない」との任意表示は以後「分別生産流通管理済み」「遺伝子組換えでない」との2種類に分かれ、消費者への情報提供がより充実します。本検査は、新表示基準導入後に「遺伝子組換えでない」と表示が可能かを確認する新公定法に基づく検査です。本検査はΔΔCt法(デルタデルタCt法)と呼ばれリアルタイムPCRを用いて検査を行います。組換えDNAを含有する標準サンプルと検査対象とする試料を比較して陽性・陰性の別を判断します。

対応品種 RRS、LLS、RR2Y
検査方法 定性検査/ΔΔCt法
分析用途 遺伝子組換え食品表示の適正確認 等
報告納期 検体の弊社到着後、4営業日(午後到着は翌営業日からカウント)
検査費用 お問い合わせ下さい

*食品表示基準について(平成27年3月30日消食表第139号)別添 最終改正令和3年9月15日安全性審査済みの遺伝子組換え食品の検査法(消費者庁発表)

 

安全性承認済みGM大豆 一斉検出検査法

肉に代わる植物性タンパクとして大豆を購入したり、料理を楽しみの一つとして積極的に魅力のある製品を選ぶ等、以前と比べ大豆製品に対する消費者の知りたいニーズが高まっています。バイオインサイトはこのニーズに対応するため、今まで検出系統が少なかった遺伝子組換え検査の完全版を開発しました。

本検査は、現在の通知法が検知対象としている遺伝子組換え大豆3系統はもとより、全18系統を全て網羅する検出検査です。しかも、検出系統数をA~Eの5つのプランから選択することができ、行政モニタリング調査や検査対象とする大豆原産国、海外に輸出したい等、必要とする目的や範囲別に最適なコストで検査を行うことができます。

 

本検査の概要

遺伝子組換え大豆と非遺伝子組換え大豆の違いは、DNAに挿入された外来DNAです。
弊社試験では、PCR法により外来DNAのみを特異的に増幅させ、増幅産物の有無を確認いたします。

対応品種 安全性承認済み大豆全18系統(RRS、LLS、RR2Y含む)
検査方法 定性検査/PCR法
分析用途 遺伝子組換え食品表示の適正確認/原材料・加工品に対するGMダイズの混入検査/GM大豆の品種絞込み
報告納期 検体の弊社到着後、3営業日(午後到着は翌営業日からカウント)

検査で対象とする遺伝子領域について

組み換えられた領域のうち、遺伝子組換え大豆の系統間で共通している領域を検知対象としています。

*本検査はISOとEUに掲載されている方法を元に弊社が改良を加えています。
*令和元年度補正ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金採択事業
参考資料:安全性承認済み大豆(かけ合わせ品種含む)一覧