DNA metabarcoding

食品検査 – メタゲノム解析

植物種メタゲノム解析

DNAメタバーコーディング技術を用いて複数の植物種が混合した試料の元となった植物種を同定します。

植物種のDNAメタバーコーディングは、他の生物種と比べ確立されている分野ではなく、現在も様々な手法が提唱されています。弊社は、下記の全プロセスにおいて最適な方法を検討し、漏れがなく効率的な種同定を行います。

研究でのご利用等で詳細な方法をお知りになりたい場合は、弊社までお問い合わせ下さい。

検査内容について

混合している植物原材料の由来を調査します。例えば、混合している香辛料、様々な花粉が含まれるハチミツ等に利用することができます。また、土壌や河川水など環境試料などへの活用が考えられます。

花粉のDNAを分析し、元となった植物種を同定します。DNAメタバーコーディング技術を用いることで複数の植物種を同時に同定します。

検査区分 料金 備考
植物種メタゲノム解析 お問い合わせ下さい 花粉の植物種を分析します。複数の植物種を同時に分析できることが特徴です。

※横にスクロールできます

*数量割引がございますので詳しくはお問い合わせ下さい(検査区分毎)。

*メタゲノム解析検査のご報告までの必要日数は1カ月半~2カ月です。希望納期がある場合は事前にお知らせください
(可能な範囲でご要望に沿う様に致します)。

*メタゲノム解析はDNA抽出できた生物種のDNA割合を報告します。ハチミツに用いる場合は、ハチミツの元となった蜜の割合や蜜量を測定するものではないことにご注意ください